渋谷区恵比寿のひっそりとしたマンションの一室で小さく営業する整体・ボディワークサロン。代表+整体師+α=イガラシミツグの日々雑感


by ebice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

高所恐怖癖

 高い場所は苦手ということを再確認した。

 a0049433_146137.jpg

先週末、仲間と河口湖に行き
←コレに乗ったときのこと。

 昔から高い所はあまり好きじゃなかったが、何故か“ロープウェイは大丈夫”なんてわけの分からん思い込みがあり皆の意見に賛同し乗車。ロープウェイ様をなめてた。

 「上りだから後ろ側にいたほうが楽しいぜ~」なんてほざきながら後部位置に陣取った。定員になり乗車ドアが閉まり、発車ベルがなり始めたくらいから

 “おいおい、結構満員じゃん、、重量大丈夫かな”
 “この車体(?)結構古そうだけどホントに重さに耐えられるんかいな”
 
 なんて心の声とともに、腰周りがムズムズ・・・。

 “あれっ、ロープウェイは大丈夫じゃなかったっけ・・・”

 ガタン、ガタン、とロープウェイが動き出すと、腰から背中へムズムズが広がり、坐骨神経のラインに沿って脚周りへ。

 “あーヤバイな、無理っぽい”

 すり足で少しずつ中央よりに移動し始めたが、下半身が固まって動くことが出来なくなってきた。既に後方はかなりの景色(らしい)。

 “おいおいコレ、斜めってないか・・・、おおおおおー今揺れた揺れた。。。”

 マジまずい・・・。胸と背中に変な汗が吹き出てくる。手すりをガッシリつかみ目線は真正面の林に固定。変なこと(落ちるとか)を考えないように頭の中を真っ白に。仲間が何か話しかけてきたが無視無視。余裕なし。もうすぐだ、もうすぐだ、とココロの中で唱えながら・・。

 そんなこんなでようやく到着。

 “こういう安心したときに落ちたりすんだよな・・”

 なんてヒネクレタことを考えながらへっぴり腰で下車。ゆっくりゆっくり階段を上って安全地帯に。かなり汗だく。肩がこった。


 オレってもしかして高所恐怖症?苦手だとは思っていたが・・。WILLCOMで「高所恐怖症」を調べてみた。

 高所恐怖症(こうしょきょうふしょう)は恐怖症のひとつ。最も有名な恐怖症。高いところ(1m程度でも)に登ると、それがどんなに安全な場所であっても、下に落ちてしまうのではないかという不安がつきまとう病的な心理。

一般には、高いところから下を見下ろして「怖い」と思ってしまう事も高所恐怖症と言われているが、それは本能の一つであり、こちらは正確には「高所恐怖癖」という。この事から赤ちゃんは本当は「高い高い」が恐いのではないかという説もある(実際、TBS系の人気クイズ番組の『どうぶつ奇想天外』で同様の実験を行ったことがある)。むしろ、高いところから下を見下ろして平気な方が病的だという専門家もいる。 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』



なるほど、オレは「高所恐怖症」じゃないな、「高所恐怖癖」だ。そうだよな、高いところから下を見下ろして平気な方が病的なんだよ、オレが正常。よしよし。。

 でも本当に良かった。候補だった富士急ハイランドに行かなくて。『ドドンパ』とか『FUJIYAMA』とか『ええじゃないか』とか。マジ死ぬね。


 整体で高所恐怖症(癖)は治りません>>>>恵比寿の整体サロンebice


 
[PR]
by ebice | 2006-09-12 15:04 | 日記