渋谷区恵比寿のひっそりとしたマンションの一室で小さく営業する整体・ボディワークサロン。代表+整体師+α=イガラシミツグの日々雑感


by ebice
カレンダー

<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

仕事帰りに…

今日は友達と恵比寿で一杯。二回目のお店だけど店名わからず。Qiz隣の半地下。イタリアンっぽいかな。シェフ一人でキリモリしてるお店で安くてうまい!オススメです。次にいったとき店名と写真いれますね。
[PR]
by ebice | 2005-11-29 23:32 | 日記

ボボズ

 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice院長の五十嵐です。今日もいい天気でしたね。オープンして約1ヶ月経ちましたが、リピートしていただける方が増えてきました。有難いことです。

 さて、今日の気になる記事は「BOBOS(ボボズ)」について。

 皆さん、ボボズってご存知でしたか?私は昨日の新聞記事(日経MJ)で初めて知りました。

 BOBO=Bourgeois(ブルジョワ)+Bohemians(ボヘミアン)にのことらしく、具体的にどのような人たちを指すかというと、「成功したクリエーターなどブルジョワ(金持ち)になったボヘミアン(自由人)や、自由なライフスタイルを愛するビジネスエリート」を指す、らしい・・。

 “らしい”を続けてしまったが、記事を読んでも、どのような人種なのかあまりピンとこない、かなり狭~い世界の方々を指している言葉のようだ。まぁ自分は当てはまらない、ボボズではない!ことは間違いないようだ。

 この言葉は2000年に米国で生まれた造語で、フランスでは2001年に浸透し、アジアでも韓国では2002年に既に普及した言葉のよう。

 日本でも2002年に出版された書籍で紹介されたようだが、一般に広まるまでにはいたらなかったようだ。

 ただこの造語、今年に入りじわじわと日本国内でも浸透してきたようで、JR品川駅ビル内には
ボボズ族をターゲットとしたレストラン「BOBOS」も登場済み。既にマーケティングの現場では大注目の言葉、というかターゲットグループとなっているようだ。

 ボボス族のルールが掲載されていたので紹介しておきます。

●ルール1
 -ぜいたく品に大金をはたくのは俗物。BOBOは必要品に大金をはたく

●ルール2
 -自分の職業に関係が無くても「プロ品質」のものに多額の支出をする

●ルール3
 -些細なものでも完璧主義

●ルール4
 -肌触りは粗いほど良い。大理石より木目の粗さ。
  陶磁器はつるつるで繊細なものより荒さの残るもの。

 以上の4つのルールがあるそうです。(ルール4が意味不明・・・)

 皆さん、いかがでしたか?
 ボボズに当てはまりますか?

 LOHAS(ロハス)に続いての新たな造語上陸って感じですが、LOHASに比べて対象者が狭い(ような気がする)分、どこまで浸透してくるか注目です。もし今以上に「ボボズ」が認知されるということは、日本人の消費行動が間違いなく↑↑↑ということでしょうから、我々の業界としては~追い風~なのでしょう。歓迎です。a0049433_2059369.jpg
 
 
[PR]
by ebice | 2005-11-26 20:59 | 気になる記事

業務終了

 こんばんは。恵比寿の整体サロンebice院長の五十嵐です。

 今日はちょっとバタバタした1日でした。お休みの日は、恵比寿近隣にお住まいの方が来ていただけるのでうれしいですね。

 初めての方が2名様いらっしゃいましたが、お二方とも広尾にお住まいの方でホームページをご覧いただいたとのこと。「Blogも見ましたよ」とおっしゃっていただき感謝です。最近、Blog投稿が滞り気味なので、ちょっと反省。

 とは言っても投稿を“義務化”してしまうと当たり障りの無い、というかあまり意味の無い内容になってしまうので、健康整体、そしてebiceのご要望がことを少しでも伝えることができる内容にししていきたいですね。

 -お知らせ-
 
 ご要望が多かったクレジットカードの使用がまもなく出来るようになります。
 (Visa,Masaterのみですが・・)
 たぶん12月頭には使用可能となると思いますが、今しばらくお待ちください。使用可能になり次第、当Blog、及びebiceホームページにてお知らせします。
 
[PR]
by ebice | 2005-11-23 20:30 | 日記

亜健康

 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice院長の五十嵐です。今日は寒いですね。久々に一件も予約が無く(涙・・)のんびりと過ごしています。

 さて今日のテーマは>「亜健康」

 皆さん亜健康って言葉ご存知ですか?(今週号のR25で取り上げられていたので知っている方も多いかも)

 亜健康とは「病気と健康の中間、半健康状態にあること。病院にいくほどではないが、日常的な体の不調・悩みなどを抱えている状態」を指す言葉だそうです。

 これは今、中国で大注目されているキーワードで、ある調査では上海のホワイトカラーのほとんどが亜健康に当てはまるとされる結果もでているとのこと。

 ではどのような症状が亜健康状態に当てはまるのか?以下に代表的な症状をあげるので皆さんも該当するものがないかチェックしてみましょう。

 □全身がだるい
 □肩こり
 □風邪を引きやすい
 □集中力低下
 □物忘れがひどい
 □睡眠不足
 □無気力
 □めまい
 □目がかすむ

 4つ以上当てはまるものがあったら、あなたは立派な“亜健康状態”です。
 
 精神的なストレスの増加や運動不足、仕事や生活習慣による悪影響などが主たる原因とのことですが、この“亜健康”、中国のみならず日本人こそしっかりとしたケアをしていかなければならないのでは。

 運動不足の解消、しっかりとした食生活、充分な睡眠をはじめ、長時間のパソコンやエアコンなど、原因となる生活習慣を少しずつでも限り改めていかなければ、亜健康→病気と進行していくことは間違いないでしょう。

 最後にちょっとだけ宣伝。

 整体には「人が本来持っている自然治癒力を引き出し、健康増進・体質改善を図る」という目的・効果があります。整体には肩こり・腰痛などのつらさの解消というMissionはもちろんですが、健康を見つめなおす機会の提供というMissionもあると考えています。

 上のチェックで多くの項目が当てはまった方は、是非自らの健康を考えるいいきっかけとして、一度整体を受けてみてはいかがでしょうか。ストレス解消効果も少なからずあるとは思いますよ。

 プライベート整体サロンebice
 渋谷区恵比寿4-5-14 ベルコリーヌ106
 03-5420-0810 http://www.ebice.jp

 
 
[PR]
by ebice | 2005-11-20 16:16 | 健康・整体

骨盤矯正って・・・

 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice、五十嵐です。株式市場の活況はすごいですね。日経平均連日の高値更新!、ひとは“行動を起こしたことによる失敗よりも、起こさなかったことによる失敗をより強く後悔する”とのことですが、あの時あれを買っておけば・・・・・


 さて今日は予告どおり「骨盤矯正って・・・」というテーマでお話します。

 最近、すごくないですか?骨盤矯正って特集(雑誌のね)。猫も杓子もというか、“あなたの身体の不調は全て骨盤が歪んでいることが原因です!!!”という見せ方が多い気がします。

 昨日、閉店間際にこんなお問い合わせがありました。

 -はい、整体サロンebiceです。
 「もしもし、骨盤矯正ってやっていますか?」
 -あー、必要があればやりますが、お身体を見てみないとなんとも言えないですね
 「??、どういうことですか?」
 -どこか痛みとか不調とか出ている部分はありますか?
 「腰がすごく痛だるいんです。肩もこるし。たぶん骨盤が歪んでいると思うので治して
  もらいたいんですけど」

 -原因が骨盤の歪みにある可能性はあると思うのですが、他の原因も考えられると思う
ので、検査をして骨盤が原因だったら矯正もしますよ。
 「じゃぁ骨盤矯正だけってのは無いんですね」
 -骨盤矯正だけっていうのはやっていませんね
 「わかりました。どうも」

 あらら、と思いましたね。雑誌の影響はすごいなーとも。

 うちのお店も骨盤矯正メニューはあります。ただ初回の方は利用ができず、2回目以降の方でも、骨盤の歪みが主要な原因で、正すことにより良い効果がでる場合のみ利用できるようにしています。

 確かに骨盤は上半身と下半身をつなぎ、内臓を保護するというとっても大切な役目を担っています。上からの重圧、下からの突き上げ、前からの圧迫と、負担もかかりやすい部分です。ただ当然のことながら全ての不調の根本的な原因がここにあるわけではありません。

 後頭部に原因がある場合、首に原因が・・、肩、背中、腕、腰、お腹、臀部、脚、膝、足首、足指・・・と原因とされる箇所は多様にあります。

 例えば、片側膝関節の稼動が悪いことが原因で重心がかたより、身体のバランスが崩れてしまったとします。結果として骨盤にも歪みが出るでしょう。この場合は膝関節の稼動を左右バランスよく取ってあげれば、自然と身体の歪みは戻ってきます。

 ただここで骨盤の歪みだけに目がいって骨盤の矯正だけをおこなったらどうなるか、根本的な原因を取り除いていないので、またすぐ元にもっどっってしまい、ヘタをするとより身体バランスを崩すことにより他の箇所の不調や膝の悪化という状況になるかもしれません。

 一例ですが最近の骨盤ブームで、ちょっと怖いなと思うのはこういうところです。


 骨盤矯正を否定するつもりはまったくありませんし、ボディスタイルやむくみ、腰痛、生理不順など不調の原因となっていることも確かです。ただ、骨盤歪ませている原因(根本的原因)を取り除いてあげなければあまり意味ないですよ、ということをちょっと気にしてほしいですね。

 しっかり食べて、しっかり歩いて、仕事中の姿勢に気をつけて、良く寝る、これにストレッチでもすれば完璧ですね。骨盤なんか矯正しなくても自然と元に戻っちゃいますよ。
[PR]
by ebice | 2005-11-18 15:35 | 健康・整体

骨盤矯正って・・・

 こんばんわ。恵比寿の整体サロンebice、院長の五十嵐です。今日は寒かったですね。外に出るのがちょっとつらいここ最近です。

 ここ数日、ちょっとバタバタしていてBlogの投稿に間が空いてしまいます。だめだなー、と思いながらも、今日も中途半端で失礼します。
 
<予告!>
 明日は『骨盤矯正って・・・・』というテーマで書きます。先ほどあった電話のお問合せに思うところがあったので。(やっと整体師っぽいテーマだ)

 では明日。暖かくなると良いですね。
[PR]
by ebice | 2005-11-17 21:45 | 日記

ストレッチ

 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice、院長の五十嵐です。

 今日は寒いですね、12月中旬の気候だそうです。今日はこの秋初めて4枚重ねで通勤しましたよ(T+Yシャツ、ジャケット、薄いコート)。それでも外は寒かったです、サロンの中は暖かですけどね。

 さて、今日はテーマは「ストレッチ」です。お客様に聞かれることも、オススメすることも多いので、私が考えるストレッチに対する考え方を書いておこうと思います。

 一言でストレッチといっても、色々な種類や方法があります。大きく分けると、停止した状態で行うストレッチ(静的)と動きの中で行うストレッチ(動的)があります。

 前者は一般的にスポーツジムなどで行われているストレッチで、広い意味ではヨガやPNFストレッチングなどもこの部類に入ると思います。又後者で広く知られているものはラジオ体操でしょうか。

 きちんとした指導の下で行うのであれば、どちらの方法でもそれぞれの利点があり、効果も得られるのでしょうが、個人レベルで行うのであれば、前者の静的ストレッチをオススメしています。(動的=反動を付けたストレッチは筋緊張を引き起こし、筋損傷を起こす場合があります)

 ということで私が皆さんにオススメしているのは静的なストレッチです。一番初歩的なストレッチ方法で、それぞれの筋に合わせたポーズを取り、伸びきったところで10~15秒停止するよう指導しています。

 重要なことは、
 
 ●身体を動かさない(ぶれない)こと
 ●息を止めずに、ゆっくりと呼吸すること
 ●強い痛みを感じることが無いこと(伸びている感覚を感じればOK)
 ●伸びきったところで10~15秒間停止すること
 ●停止後、ゆっくりもとの位置に戻ること

 初心者の方はこの点を意識していただければ大丈夫だと思います。
 
 停止時間はもう少し長く(30~60秒)行うほうが効果が出るという考え方もあるようですが、最初は最低限の時間として10~15秒間を目安にしていただければOKです。慣れてきて、姿勢の維持と呼吸が楽に出来るようになってきたら、少しずつ秒数を伸ばしていければ良いと思います。

 ただ肩こりや腰痛、その他の不調をストレッチだけで解消というのは少し無理があると思います。今現在、柔軟な方が日々ストレッチをしっかり行えば、肩こり・腰痛などのつらさは出にくいでしょうが、一度ガチガチに固まってしまっている方は、ストレッチの効果もなかなか出にくいようです。(あるレベルを超えるのが難しい!)

 毎日一定時間ストレッチをしていると、あるレベルまではスムーズに柔軟になります。ただその一線を超えるのに非常に時間がかかり、そこでやめてしまう場合が多いのです。

 そこで一度整体を受けてみてください。
 硬く柔軟性が無い筋肉や稼動が悪い関節を、いったんリセットし、柔軟な状態でストレッチを行うと、面白いくらい効果が出やすいです。

 整体だけ、ストレッチだけ、運動だけ、ではだめです。(私が言うのもなんですが・・・)

 それぞれ上手く組み合わせていくことにより、より良い状態へ身体が変化していきます。

 整体もマッサージも回数を重ねるだけではなく、ご自身でストレッチを毎晩行っていただくだけで、効果を持続させ、通う頻度を少なくすることもでき、より柔軟な身体を手に入れることができますよ。

 ではこれからまたストレッチ指導をしてきます。(もちろん整体も!←こちらが本業)
[PR]
by ebice | 2005-11-15 20:04 | 健康・整体

クウェートで元気寿司

 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice、五十嵐です。雨あがって良かったですね。少し肌寒いですがこれから少し気温も上がってくるようです。

 さて、今日の気になる記事は「クウェートで元気寿司~猛暑の夏に健康食需要~」
 おいおい・・と目に付いた記事ですが、まずは抜粋。

 「クウェートの多角企業、ブルガングループは回転寿司チェーンの元気寿司とフランチャイズ(FC)契約し、来年から中東各国で回転寿司店を展開する。日本のすしチェーンの中東進出は初めて。同社のアブドラ・アブドゥルサマド会長に事業の見通しなどを聞いた。
 --なぜ中東で回転寿司店なのか?
 「今、中東は日本食ブームで、クウェートにも日本食レストランが十店以上ある。ただ一回の料金が1人二十五~三十ドル以上と多角、食材の調達も不安定。元気寿司と組めば客単価を十~十五ドルと安く設定できるし、安定的な食材調達も可能になる。数年前に東南アジアで初めて元気寿司に行って大変気に入った」
 (中略)
 --回転寿司店は市民に受け入れられるか?
 「日本レストランの値段が高いのは板前の人件費が主な理由だ。回転寿司は人件費が安くすむうえ、日本の技術力や効率性も表れるのでイメージも良い。寿司を握る機械が良く見える店内レイアウトも考えている」 「寿司人気の最大の理由は健康的なこと。湾岸諸国では夏は猛暑で四ヶ月間運動ができず不健康になりがちで需要は潜在的に大きい。『元気』イコール健康を売り物に、店内で日本がなぜ世界一長寿なのかと関連づけて売り込みたい」 -日経MJ-
----------
----------
 いやいや面白い発想だ。寿司は健康食として海外では捉えられているのですね。ただ記事を読んだ感想では“いろもの”というか見世物的発想での展開を考えているような気が。一生懸命、元気=健康とつなげてみてもね。 いままで知りませんでしたが元気寿司さんはシンガポールの十店舗をはじめ、マレーシア、香港、バンコク、ニューヨークなどかなり手広く海外展開をされているのですね。中間決算20億の赤字ということですが・・・。

 以前、アフリカでは寿司にあま~いジャムのようなソースをつけて食べると聞いたことがありますが、中東ではどうなんでしょうか。

a0049433_13202015.jpg

[PR]
by ebice | 2005-11-12 13:19 | 気になる記事

恵比寿

 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice院長の五十嵐です。

 今日はちょっとバタバタした一日でした。そういえばランチ食べてない・・・。お客様に「○○さんの胃の不調は不規則な食事が、、、、」などとお話をしたにもかかわらず、ですね。

 今日はこれで店じまい。早めに食事します。
[PR]
by ebice | 2005-11-10 20:52 | 日記
 こんにちは。恵比寿の整体サロンebice院長の五十嵐です。ここ数日、“小春日和”という日が続いていましたが、今日は少し肌寒いですね。

 さて、今日の気になる記事は入院平均20日、日本ダントツです。まずは抜粋。

 「病院での入院日数の長さは日本が20.7日と加盟30ヶ国で断トツ-。経済協力開発機構(OECD)が8日発表した「図表で見る医療」(2005年度版院期間が長くなる病床を除いた「急性期病床」で各国を比較した点が特色。(-中略-) 
 OECDによると平均在院日数は医療の効率性の指標とのこと。」 -日経朝刊09Nov-
 
ちなみに各国の統計は以下の通り(紙面グラフよりの読み取りの為、正式数値ではありません)
 デンマーク:3.6日、フランス:6日、米国6.1日、英国6.6日、イタリア:6.9日、カナダ:7.5日、ドイツ:8.9日、韓国:10.6日・・・・日本:20.7日!!

a0049433_18212145.jpg

 
 なんと2位の韓国に大差を付けてどうどうの第一位!!医療の効率性が悪いということが浮き彫りになった形ですね。しかも同じ面にお医者さんの収入実態調査がのっていて「なに!眼科診療所開業医の月間黒字300万円以上!少なくてかわいそうといわれている産婦人科診療所開業医でさえ月間141万円、月間ですよ月間。そんなに儲ける暇があったら効率化しろ!といいたくなりますね。でも効率化して在院日数が減ったら、収入も減るからいやなんでしょうね。まぁ難関の試験を突破してようやく医者になった方たちでしょうから少しは優遇されてもいいのかもしれませんが・・少しはね。

 なぜ、こんな題材をとりあげたかというと、我々がおこなっている整体や、鍼灸など他の療術には「予防効果」-身体を丈夫にして事前に病を防ぐ、自然治癒力の増強-が絶対にあると思っているからです。「身体のバランスをとり、内蔵機能を強化し、血液・リンパなどの体液を正常に流す」、これだけでも日々受けるストレスから身を守る効果が少なからず生まれてくると思うのです。肩こりや腰痛の解消だけではなく、身体の“メンテナンス”という意味をもっと意識してもいいのではないでしょうか。コリだけとっても、つらいとき“受ける”方よりひと月に一度でも定期的に“受けている”方のほうが、間違いなくコリの状態も良く、改善のスピードは早いですからね。

 ----------------------
「昔は歯が痛いときにしか歯医者にこなかったが、最近は定期健診に来る方が増えています」、と半年ほど前に何かの記事で読みましたが、整体や身体のことに限らず、いろんな意味で“事前に予防する”という考え方が広がってくると良いですね。

 
 
[PR]
by ebice | 2005-11-09 18:15 | 気になる記事