「ほっ」と。キャンペーン

渋谷区恵比寿のひっそりとしたマンションの一室で小さく営業する整体・ボディワークサロン。代表+整体師+α=イガラシミツグの日々雑感


by ebice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タイ料理

 久々にバンコクにいる知り合いからメールが届いた。近況報告というかただの“ちょっかいメール”みたいな内容だが、非常に懐かしかった。

 タイは結構好きな国だ。プライベートでも行ったことがあるが、以前仕事で2週間ほど滞在したこともあり、観光旅行とは違った思いでもある。あの安くて美味いタイ料理、2時間500Bほどのタイマッサージが懐かしい・・。

 と、哀愁を漂わせていたら、友人から「タイ料理を食べに行こう!」と誘いが。グッドタイミング!ということで昨日行ってきました。

 いったお店は、恵比寿の「MAI-THAI」。初めての来店だったが、結構混んでいる。

 実は私、タイ料理大好きにもかかわらず、辛過ぎるのがちょっと苦手。タイでもヒーヒー言いながら食べている(美味いんだけどね)。

 その“ヒーヒー”を期待(?)しながらオーダーしたのだが、出てくる料理はどれもほどほどの辛さ。ビーフン、グリーンカレー、えび春巻き(風)・・・・・・などなど、本場の辛さを求めていく人には、ちょっと物足りないかもしれないが、俺にはぴったりの味。結構満足したかな。

 気になったことは、デザート、「タピオカ&ココナッツアイス」のタピオカがオレンジ色だったこと。本場ではありなのかもしれないが、日本では「イクラ」を想像してしまう。

 あとは値段かな。(日本価格としては)決して高すぎはしないが、Singhaビールが現地価格の7倍近くしているのはどうかと思う(なんと小瓶で700円!)。

 Singhaビールが高いことで、全体のコストパフォーマンスが悪いような気になってしまう。せめてもう200円安ければ、相乗効果で料理への満足度が増すのにな~と。余計なお世話ですかね。 
[PR]
by ebice | 2006-03-26 23:31 | 日記

エステサロン?

 「瀟洒(しょうしゃ)な雰囲気のサロンには人気ブランドの服がずらり。低刺激シャンプー、軟水シャワーなど、こだわりの素材を使って丁寧にシャンプーを受ける。店内奥のVIPルームでは四海の泥を用いた泥パックエステの真っ最中-。」(日経MJより)

 この一文、何の描写だと思いますか?

 なんと、愛犬向けペットサロンだそうです。

 あのRA○Aさんが、犬のリフレクソロジーを始めたのはいつのことだったか・・。アレヨアレヨという間にペット癒しビジネスが急拡大しているらしい。

 MJ(流通新聞)の記事中に掲載されていたペット癒しビジネスは以下の通り。

 ■ドッグマッサージ(指圧・リフレクソロジー)
犬の疲れがたまりやすい首の付け根から、足、背中、お腹と全身のツボを刺激し、血液やリンパの流れをスムーズに。

 ■愛犬用アクアフィットネス
運動不足や老化によって筋肉や骨が弱ってきた犬が、ジェットプールで水中ウォーキング。パーソナルトレーナーが付き、最適なトレーニングメニューを作成。

 ■犬のアロマテラピー
食欲不振やイライラなど、メンタル状態に合わせてオイルを選びマッサージ。

 ■ペットの鍼灸治療
 ■スパ、クリニック完備のペットホテル  etc..

いつの間にこんなことに・・。

 「犬-」「ドッグ-」「ペット-」と付いていなければ、まさに人と同じ癒しサービスが提供されている。街中でもペット連れで楽しめるお店、カフェやレストランもどんどん増え、一流シティホテルでもペット連れで泊まれる客室を設定するところも出てきているよう。

 「家族」なんでしょうね、もしかしたら本当の家族よりも自分に近い存在で。

 自分が子供の頃は犬は外で飼っていた。室内犬なんて(私の周りでは)いなかった。ただ皆が「家族の一員」という意識は持っていた。

 当時の「家族の一員」と今の「家族」とでは何が違うのだろう。何かが違うのだろう。

 「ペットを家族と見なす人々は、これからもますます増えていくであろう。何故そう断言できるのかというと-(中略)-、社会の構造的な要因が存在しているからである」(山田昌弘・東京学芸大教授著『家族ペット』より)


 さて、次はどんなペット向けサービスが誕生するのでしょう。ペットは家族、という考え方には賛同するが、動物が本来持っている野性・治癒力の低下がちと心配・・・。考えすぎですかね。



 あなたの自己治癒力を応援します>>>ebice
[PR]
by ebice | 2006-03-24 18:36 | 気になる記事

BGM

 施術中に流しているBGMに関して質問が重なったので、左メニュー・ライフログにアップしました。今のところ抜粋ですが、最近良くかけているのはこんなところ。

 基本的には何も考えずに気分で流していますが、“この方はコレ!(リクエストにより)”という場合もある。もし希望があったら来院の際声をかけてくれたらかけますよ。持ち込みもOKです(笑)。

 「あたしはB'zが一番落ち着くから、コレかけて!」 ・・ちゅうのもアリかな、と。

 結局、好きな音楽、そのとき聴きたい音楽、一番落ち着く音楽、いい気持ちになる音楽、って人それぞれ違うと思うので。



 以上、とりあえず参考まで。徐々に追加・削除(飽きたら)していく予定。



 もっと、もっと、いいケイタイセイタイへ>>>ebice
[PR]
by ebice | 2006-03-23 22:45 | 日記

オススメ読書

 「セカンドブレイン」という本を読んでいる。サブタイトルが「腸にも脳がある」という本だ。

 我々は脳が体の各所を支配するための信号を発している、と教わってきたが、この考え方「医学の常識」を覆す、第二の脳「腸神経系」の発見過程・世に認められた課程、及びメカニズムを物語調に記してある。医学の知識がまったく無くても、少しでも興味があれば面白く読める本だ。

 この本によると、腸は脳との信号を全て断ち切られても、自分で勝手に動いたり、反射作用をしたりしているらしい。しかも食道下部から直腸まで支配する腸神経系は、胃痛にも影響があるのではないかということが書かれている(らしい・・まだ途中なので)。

 私は施術の際、お腹を意識して診ることが多いので、この考え方にはとても興味がある。お腹を施術する際語りかけるのは、脳が意識をコントロールしているクライアント本人の顔色だけではなく、「第二の脳」すなわち「お腹自身」に語りかけなければいけないのだ。

 近代医学が発達して何十年経ってからも、こんな重大な発見がされていく。人間の身体はなんと奥深く、興味深いものだと・・・改めて。

-------------------

 別件だが、今日懐かしい人に会った。別の仕事をしていたときにお世話になっていたお付き合い先の方だ。

 恵比寿のスターバックスで遅いランチを取りながら本を読んでいたのだが、目の前に大きな声で騒ぎたてながら席につく女性2人組が。何気に目を上げてみると、イマシタ、ナツカシイカオガ・・・。

 30秒くらいボーっと眺めてしまったが(その間目の前で騒ぎっぱなし)、目が合って「おー」てな感じでした。近況報告みたいな雑談をして、予約があったのですぐ席を立ってしまったが、懐かしかった。

 結構びっくりしたので、顔がコワバッテいたかもしれませんが、Mさん、決してあなたの顔に脅えていたわけではありませんので(笑)。


 恵比寿でセイタイしませんか?>>>ebice
[PR]
by ebice | 2006-03-14 21:24 | 日記

新事実

 新事実発覚!


 昨日いらっしゃったお客様のひとこと。

 「このマンション、前に館ひろしさんが住んでたのよね~」

 「マ、マジすか!」

 「そう、かれこれ10数年前だけど、学生の時に友達とここの前まで来たことがあるもの」

 「・・・・」





 昔の話なので、「だから?」と言われてしまえばそれまでですが、なんかいいですね。
 以上ご報告まで。
[PR]
by ebice | 2006-03-09 11:03 | 日記

将来像

 最近、「次にお店を開くなら・・・」ということをよく考えている。これはebiceを開く前から「自分がやりたい整体のお店」としての理想形として考えていることではあるが、次のステップか次の次のステップあたりでやってみたい(やっておきたい)こと。

 「カフェとの融合店舗」。

 なんで整体がカフェと融合するの??ってな感じですが、自分の中ではかなりイメージができているのです。カフェと整体、どちらがメインかはわかりませんが、多分どちらも趣味の領域。

       お客①「あれ、今日マスター(古!)は?」

       店員①「マスターは奥でセイタイ中でーす」

       お客②「へー、俺も今度お願いしようかな」

       店員①「どうですかね、マスター気に入った人にしかセイタイしないし・・
             1日1人しか受けてないしね」

 なんて。。。(もちろんジョーク。こんな高飛車にはできません)

 ただ何か異業種とコラボしたお店ってのもアリかな、と。それならいずれやりたいと思っているカフェとくっつけちゃえば、という発想。

 昨日よくいく駒込のカフェ(前の名前は「コーナー」。店名変わってから今の名前が分からない・・・)にいったときも、「あ、このつくりだったらここで整体できるな・・カフェカウンターそのままで、壁に無声映画映して・・」とか妄想してた。「居ぬきでかしてくんないかな」とか(笑)。

 あとはヘアサロンとのコラボかな。いまや全国20万店、コンビニをはるかにしのぐヘアサロンネットワーク、というか同業競合を生き抜くための一手ではないかなと(余計なお世話ながら)思う。最近行くようになった恵比寿のヘアサロンもつくりいいなー、「ツボいくらですか?」とか聞いたりしてた(笑)。

 まぁどちらにしろすぐにという話ではないし、今のebiceも気に入っているので当分先だとは思うが、目標があると仕事が楽しいからね。引き続き次のステップへの構想を練ります。モゾモゾと。


 -恵比寿の整体サロン>>>>>>>ebice
[PR]
by ebice | 2006-03-06 19:54 | 日記

大学生

 今日はお客様4人中2人が学生さん。

 1人は最近通ってきてくれているJさん。今月卒業式とのことで未練希望にあふれていていい感じ。夢や目標にしっかり向かっている人のオーラが出ている。卒業旅行でイタリアに行ってきたとのことで、イタリア大好きのワタシと意気投合!でもそういえば最近旅行に行っていない・・・。

 もう1人は、昨年末にスタイリストの成美淳子さんと一緒にゲスト講師をさせていただいた「慶応大学・加藤ゼミ」のメンバーT君。2ヶ月以上経つのに、覚えていてくれてウレシイ。

 「あのゼミ何を話したっけな-・・・確か夢とか目標とかがテーマで・・運についてとか・・」

 T君が来る前に(話が合わないとまずいので・笑)ぼや~んと思い出してみた。よくもまあ、夢と目標について3時間も話したもんだ。半分以上は友人である成美さんとの掛け合い漫才だったような。よかったのかな、あんなんで・・今更ながら(汗)

 なんてことを考えている間に、到着。施術開始。

 「おいきみ!いくつだっけ?」というくらいオヤジ体型&身体のこわばり。昭和60年生まれのくせに何たることだ・・。

 「スポーツはしてる?」

 「・・・高校の時の体育の時間以来していません」

 「・・・・・」

 「・・・」 

 「・・・・・・・・・・」

 「・・・・・・・」


 結局、一通りの施術をした後、ストレッチや生活指導の宿題をびっしり(こっちの時間が長いくらい)与え、人生考え直せー、と追い返した。   ま、それは言いすぎだが・・・。

 
 最近、ポツポツと学生さんの来院がある。自分が学生の頃は整体やマッサージなど受けたこと無かったし、受けることなんて考えもしなかったよなー、、と感慨にふけりながら施術をしている。

 まぁ若者と話すと楽しいからイイカナ(30代後半のオヤジ風) 

 
[PR]
by ebice | 2006-03-03 21:26 | 日記

蟹クリームパスタ

a0049433_2345188.jpg

今日は久々に最終のお客様がいなかったので、早めに切り上げて一人飲み。ebice近くのよくいくお店。ここの蟹クリームパスタはマジ絶品!(食べかけだから写真は端っこだけ)

明日への活力ですな。
[PR]
by ebice | 2006-03-02 23:04 | 日記

鬼十則

 鬼十則(鬼十訓)という電通の社訓がある。かなり有名なものなのでご存知の方も多いかと思うが、電通の基礎を築いた吉田秀雄さんが定めた社員の心得・行動規範である。

 サラリーマンをやっていた頃(電通ではありませんが)、当時の上司から 『イガラシ君、コレシッテル?』 と、さらっと渡されたメモ用紙に記されていた。当時は結構この十則に入り込んで、手帳にはさみ、ことあるごとに眺めていたものだ。

 長い間忘れていたが、久々に思い出し、目にしてみた。改めてスゴイ内容だと思う。ただ少しだけサラリーマン時代とは受け取り方が違う気がする。当時は全ての内容がストレートに自分の仕事に当てはまり、それをストレートに表現してしまっていた(しようとしていた)が、今はこの十則を斜めから、または後ろや反対側から眺めることですんなり入ってくる部分、表現できる部分があるということに気づく。

 治療家としての自分、サービス業としての自分、ビジネスマンとしての自分、そしてプライベート、それぞれの感じ方、見方、表現の仕方がある。それぞれの位置を見つめなおし、整理する良いきっかけになったなー。



 「鬼十則」
  1)仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
  2)仕事とは、先手先手と働き掛け、受身でやるべきではない。
  3)大きい仕事」と取り組め。小さい仕事は己を小さくする。
  4)難しい仕事をねらえ。それを成し遂げるところに進歩がある。
  5)取り組んだら放すな。殺されても放すな。
  6)周囲を引きずり廻せ。引きずるのと引きずられるのとでは、長い間に
    天地の差が出来る。
  7)計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と正しい努力と
    希望が生まれる。
  8)自信を持て。自信がないから君の仕事は迫力も粘りも厚みすらもない。
  9)頭は常に全回転。八方に気を配って一分の隙があってはならぬ。
    サービスとはそのようなものだ。
 10)摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
    でないと、きみは卑屈未練になる。



 プライベート整体サロン>>>ebice

http://www.ebice.jp
[PR]
by ebice | 2006-03-02 16:31 | 日記