渋谷区恵比寿のひっそりとしたマンションの一室で小さく営業する整体・ボディワークサロン。代表+整体師+α=イガラシミツグの日々雑感


by ebice
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

忘年会~其の弐~

昨夜は大マーク忘年会。昼間は勉強会の予定だったのだが、うっかり予約がフルブック。。んなこんなで夜の部から参加。しかも二次会から。皆のハイテンションに追いつくの大変。

いいお店だったな、うん。久々にあの手の店に入ったよ。
キャプテンがいたし、キャプテンが(笑)

京都の「まわしといて~」に匹敵する素敵さ。


a0049433_18141751.jpg


新宿にお出かけの際は是非お立ち寄りください。
[PR]
by ebice | 2006-12-28 19:19 | 日記

忘年会~その壱~

気を取り直して、今日はこれから忘年会。
恵比寿西口でオヤジ飲み。

40歳のオヤジ3人+ワタシ。久々の最年少。

色気なし。

飲めばすべて忘れる(笑)

ではいってきます。



(注意)見かけても声をかけないでください。
[PR]
by ebice | 2006-12-26 20:35 | 日記

復活!

クリスマスを挟んで、ようやくPCが復活。ハードディスクは無事だった。面倒なことにならずにホッ・・・。

だが、

データはすべて消滅。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

消えたものリスト
・売り上げデータ
・経費データ
・顧客データ
・メールデータ
・各種ワード・エクセルファイル
・画像データ
・etc.etc.etc.....


何が無いか考えるのがヤダネ。

まあ、ほとんどはあるからさ、それほど困らないけどさ。

まあ、若干困るくらいかな。若干ね。

まあ、パソコンの大掃除したかったからな。

まあ、まあ、まあ。。。
[PR]
by ebice | 2006-12-26 18:41 | 日記

死にそう…

a0049433_2240317.jpg

パソコンがいかれた。

どうあがいてもWindows初期化は免れないらしい。HDは生きてそうだが、過去データ全てパー…

データ復旧業者に問い合わせたら、本体3週間預けて六桁オーバー。

マジ死にそう…

今時バックアップしてない自分が悪いのだがね



結構キツイなぁ
[PR]
by ebice | 2006-12-20 22:40 | 日記

最近良かった映画は

ここ1ヶ月で観た映画。

「ワールド・トレード・センター」
「手紙」
「プラダを着た悪魔」
「武士の一分」

全部メジャーなヤツ。

はずれ無しでどれも面白かったが、一番最近観た「武士の一分(ぶしのいちぶん)」が印象深い。

「山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫婦のきずなを描く。妻役の檀れいやかたき役の坂東三津五郎ほか、緒形拳や桃井かおりなど、日本を代表とする実力派俳優が勢ぞろいする。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。そのタイトルが指し示す人間ドラマは、観るものの心を揺さぶる感動巨編。」シネマトゥデイより)

妻、三村加世役の檀れいが結構好きだとか、かたきである島田藤弥役の坂東三津五郎が憎たらしい(マジで)とかもそれなりにあるが、不覚にも主演の木村拓哉に惹かれてしまった。

今まで、キムタクは笑い方や、話し方が独特で、それがドラマが変わっても共通しているというか、やっぱりキムタクはキムタクだな、的な印象を持っていた。

別に今回の演技でそれが消え、新しい演技をしているわけでもなく、ところどころにキムタク節というか、“らしさ”が出てくる。

ただ、この役はキムタク以外に出来んな、と思わされてしまう。

これってすごいことよね。全てが出来上がった後に“これはあなたにしか出来ない!”って評価者である観客から言われているんだから。

多分、最初から違うキャスティングがされていれば、そっちにはまるのかもしれないし、(ありえないことだが)2つを比べてみれば他の俳優が演じたほうを選ぶのかもしれないが、今回出来上がった作品は間違いなく木村拓哉の作品なんだろう。

今までと何が違うのかな、と考えてみたが、わからんね。しいて言えば、観る側の意識かなと思う。今までが曇りメガネだったということでしょうか。

もしかしたら11年ぶりとなる邦画への本格出演となるキムタクの一分が観るものに何かを伝えたのかもしれないが・・。

いい映画でした。

a0049433_17313238.jpg


あ、これから観る人に一言。公式HP見ないほうがいいよ。ストーリーが単純なので、筋書きを読んだだけで流れが読めちゃう。あそこまで書かなくていいのに。




渋谷区恵比寿の整体サロンebiceは看板の無い整体院です。
[PR]
by ebice | 2006-12-19 17:25 | cinema

続・湯たんぽ

下の記事を書くときに“湯たんぽ”で検索していたら、気になるブツを発見。

ドイツ・ファシー(fashy)社のゴム製湯たんぽ。
形は昔懐かしい氷枕。子供のころ風邪をひいたときに使った記憶が・・。
こんな湯たんぽあったんだー、確かにプラスティック製と比べて弾力が気持ちよさげで、使い道も広そう。湯の量も重さも調節できそうだし。これなら圧迫フェチでなくてもお腹の上に載せられるかも(笑)。

しかも、タートルネックの服を着ている!

服の種類もフリース生地からアーガイル柄までたくさんあるらしい。

ヤバイ、惹かれる・・。


・・・・


もう少し今のプラ製を使って、湯たんぽ命になったら買い換えよう。また飽きっぽいと言われそうなので。

明日注文してるかもだが・・・。

a0049433_16261581.jpg

[PR]
by ebice | 2006-12-15 16:28 | 日記

湯たんぽ

最近“湯たんぽ”を使っています。2週間前にお客様のススメで購入。

「先生、私“湯たんぽ”を使っているんですけど、いいですよ。熱湯じゃなく、蛇口の一番熱いヤツで充分温かいし、お腹の上に載せると重さが心地いいですよ」

「おー湯たんぽね、湯たんぽ、イイね!!」

ということで、翌日には購入。こういう行動は早い。プラスティック製で680円(安!)。

a0049433_15325084.jpg

コレ、マジいいかも。電気あんかも使っていたことがあるが、湯たんぽのほうが、なんちゅうか“やさしい”温かさ。抱えていると中でお湯がタプタプするのもまた良し。ちょっとした癒しグッズ。

何々、お腹の上に載せると重さが心地いいとな・・・・イヤヤ、これは・・ちょっと重いかな(笑)、3ℓ入るので3kg、温まって悪くは無いけど圧迫されて眠れない。

あ、このお客様“私圧迫フェチなんです”って言ってたな。そういえば。。なるほど。

まあ、使い方はそれぞれですが、ホントこれオススメです。朝までほんのり温かいですよ。




渋谷区恵比寿の整体サロンebice。“エビーチェ”ではなく“エビス”と読みます。
念の為。

[PR]
by ebice | 2006-12-15 15:53 | 日記

おめでと

a0049433_13101830.jpg

今日は友人の結婚式。素敵なレストランウェディング。
[PR]
by ebice | 2006-12-10 13:10 | 日記

無題

10月、11月と、大マーク認定治療院(全日本手技療法家連合)で勉強会を行いましたが、そこで集めた参加費5000円を、メンバー全員の総意をかたこり整体院の松田先生に代表していただき、二つの団体に全額寄付させていただきました。


10月・参加者10名・50,000円
【セーブ・ザ・チルドレン】
セーブ・ザ・チルドレンは、国連に公式に承認された、子どもたちのための民間の国際援助団体(NGO)です。1919年の創立以来、80年以上にわたる活動を世界各国で行い、各国政府や国連組織からも世界のNGOの代表格としてその重要性を認められています。わたしたちは国連の「子どもの権利条約」を理念とし、世界の子どもたちとその家族、周囲の環境をよりよいものに改善するため、現在115カ国以上で、精力的に活動を行っています。


11月・参加者17名・85,000円
【メイク・ア・ウィッシュ】
「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」と言う意味のボランティア団体です。3歳から18歳未満の難病とたたかっている子どもたちの夢をかなえ、生きる力や病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。メイク・ア・ウィッシュは、独立した非営利のボランティア団体で、宗教的、政治的団体ではありません。

メイク・ア・ウィッシュは1980年にアメリカで発足しました。
 アリゾナに住む、クリスという7歳の男の子は警察官になるのが夢でした。しかし白血病にかかり、学校に行くこともできなくなってしまいました。この少年の話を聞いたアリゾナ警察の警察官たちは、本物そっくりの制服とヘルメットとバッジを用意し、クリスを名誉警察官に任命することにしたのです。
 小さな名誉警察官は規則に従って宣誓し、駐車違反の取締りもし、また、ヘリコプターに乗って空からの監視もさせてもらいました。ミニチュアのバイクもプレゼントされクリスは大喜びでした。
 5日後、クリスは亡くなりました。警察では、名誉警察官のための葬儀を執り行いました。ほんの短い間でしたがクリスの夢はかなったのです。
 クリスの夢の実現に関わった人々は、他にも、大きな夢を持ちながら、難病のため夢をかなえることができない子どもたちがいるに違いないと考えました。こうして設立されたのが、メイク・ア・ウィッシュ基金なのです。

a0049433_22354418.jpg



大マークグループはこのような活動も積極的に行っていきます。

世間に認めてもらおう、感謝されたい、なんてケチクサイことは一切考えてない。

電車でお年寄りに席を譲る、道端でゴミを拾う、うずくまって苦しんでいる人に声をかける、
はじめは思い切りが必要かもしれない、当然しなければいけないことでも、心のスイッチを押さなければ動けないときもある。
ただいつかそれが当たり前になってくる。スイッチを押さなくても自然と足が前にでる。

カッコツケ・・・、これはほんの少しはあるかもしれん。カッコイイオトナでいたいから。

上手く言えないが、そういう個々でありたいし、グループでありたい。

一人一人が自立して、それぞれの考えを持ち、施術方法も違い、年齢も血液型も違う(笑)。
だがコアとなるマインドは共通している。そんな『大マーク』をこれからもよろしくお願いします。


●勉強会に参加した『大マーク』認定院
アクティブ整体院
整体サロン ebice
大井町カイロプラクティック
かたこり整体院
木場カイロプラクティック
錦糸町カイロプラクティック
小池整体
白金台カイロプラクティック
鍼灸マッサージ整体院なごみ
頼幹二郎整体院
整体院・リフュージュ
のぞみ整体院
Ten整体院
たけだ整体院「指心」
整体サロン・ピンポイント
レディース カイロプラクティック ポスチャー
くすコンディショニング
[PR]
by ebice | 2006-12-09 23:12 | 日記

京都へ・・

先週、京都に行ってきた。
半年以上前から計画してきた手技療法家仲間との修学旅行。その名も『第1回チキチキ暗黒修学旅行』

これね、かなりかなり楽しかったですよ。マジで。
修学旅行なんて20年ぶりよ。忘れていた若かりき日々を思い出したね。

東京・神奈川から10名、愛知から2名、福井・大阪・徳島・岡山・京都から各1名参加の総勢17名の手技療法家。この集団怪しすぎ(笑)。

え、何をしたかって??

勉強ですよ、勉強。ホントに一番時間を割いたのが勉強。ただほとんど飲みながらだけど(笑)

<スケジュール>
●行きの新幹線の車内での会話は、ほとんど整体の話
●ランチ時も同上
●到着日午後は唯一まじめ(?)な勉強会
●夜は銭湯で電気風呂を体験
●小さな居酒屋を17名の手技療法家で占拠。もちろん話は・・
●宿に場を移し、飲みながらの暗黒治療会。夜の9時くらいから、最後の人は朝7時まで。
●朝10時からお寺で座禅、座禅は整体だ!
●清水寺でエネルギーを感じる
●電子レンジが回る定食屋出で接客の極意を学ぶ
●帰りの新幹線の車内での会話も・・


ほらね、全部勉強なのさ。

お酒を飲んでいる人に整体は禁止、ちゅうのが一般的な解釈ですが、結構いけるかも。。朝すっきり、二日酔い無し!・・・・と思ったが、施術側も飲んでないとダメだな、きっと。酔っ払いモードのシンクロ効果だと思われる。一般の方はマネをしないように。危険ですから(笑)

あと座禅ね。奥が深い、深すぎ。座禅は初体験だが、今までも瞑想的なことは自己流でやっていたことはある。色々な意識の持っていきかたを試してみていたが、それらとはまた違う感じ方だったかな。

何も考えず、無心になる、真っ白になる
何かを念頭に置きながら、解決策を見出す
浮かんできたことを受け流す
浮かんできたことを受け入れる
周りで起きていることを感じながら無心になる
周りで起きていることを感じながら、何かに集中する

こんなこと瞑想の目的として考えるのがそもそも違うのか、目的は後からついてくるものなのか、感じることは意識の内なのか、外なのか、自我を見つめる?自我が出てくる?・・・・・
はは、わからんね。正解なんて無いんだろうし。ただ、一つだけ感じたことは、“無心”と“真っ白”は別物ということかな。無心は深く、真っ白は狭い。そのくらい。

いい経験でした。当分続けてみますね。


他にも色々なエピソードがあって書きたいことは沢山あるのだが、とりあえずこんなところで。

皆に感謝感謝!

a0049433_121032.jpg

[PR]
by ebice | 2006-12-05 12:08 | 日記