渋谷区恵比寿のひっそりとしたマンションの一室で小さく営業する整体・ボディワークサロン。代表+整体師+α=イガラシミツグの日々雑感


by ebice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

BE@RBRICK

BE@RBRICKがやってきた!

a0049433_1717563.jpg


お客様の会社でノベルティ(商品?)として、オリジナルデザインで作ったモノ。
HAWAIIバージョン。

「棚がなかなか埋まらないから・・」とのご好意でいただきました。

確かに半年間もの間、半分以上が空のまま。

a0049433_1734497.jpg


別の方からは「コレ(空の状態)がセンスかと思いましたよ~」なんて、寒い感想もいただきましたが、なんのその。相変わらず空です。

まぁ、いつの間にかジワっと埋まっていくので、お待ちください。


でもこのBE@RBRICKかなりカワイイよね。

一体でさみしいかな~と思っていたら、もう一体いただきました(謝謝)

a0049433_1771143.gif


同じに見えるけど、オスとメスがあります。
[PR]
by ebice | 2007-11-29 17:35 | 日記

甘党万歳!

「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が川口にできたらしい。言わずと知れた行列の出来るドーナツ店。新宿・有楽町についで国内3店舗目。

a0049433_19542644.jpg


今朝のお客様から、大人のミスド「andonando(アンドナンド)」が神保町に出来たっちゅう話を聞き、ダンキンが撤退後に縮小していたドーナツ市場が再び拡大傾向なのね、なんて思いをめぐらせながら、「そういえば結局、クリスピー・クリーム・ドーナツ食べて無いなー」、と思い検索してみた。

イオンモール川口キャラ店
グランドオープン!


a0049433_14542249.jpg


なぜ川口?(馬鹿にしているわけではありませんが・・)

確かに川口は、再開発により高層マンションが乱立し、さながら新宿新都心のような光景になっているらしいので、まあアリかな・・と考えながらイオンモール川口キャラ店を調べてみると、最寄り駅は蕨(わらび)か西川口か東浦和。しかもバス利用。

なぜ蕨?(馬鹿にしているわけではありませんが・・)

新宿サザンテラス有楽町イトシア→蕨!

リヴァンプさんの戦略や如何に。。2011年までに50店舗を目指しているそうなので、いまや多店舗展開に欠かせない郊外ショッピングモールを攻略するための試金石との考えか、はたまたイオンとの関係強化か。プレミアムアイスのコールド・ストーン・クリーマリーも出店しているし。

a0049433_2002066.jpg

←ちょっとコレは食べてみたい・・






最近甘いものをカラダが欲する。

こないだ頂いた↓ココの和菓子も最高でした。

志むら

a0049433_2065439.jpga0049433_2071137.jpg









甘味処ではありません。>>>>ebice
[PR]
by ebice | 2007-11-24 20:10 | food&drink

ヘアスプレー

映画『ヘアスプレー』を観た。

a0049433_21225741.jpg


ヘアスプレー企業が贈る、ボルチモアで最高にホットなTV番組「コニー・コリンズ・ショー」出演を夢見る16歳のトレーシー。ダンスだってオシャレだって申し分ない彼女には、ひとつだけ問題が…。それは、彼女のBIGすぎるサイズ! でもそんなことは一向に気にせず、明るく前向きに生きるトレーシーは、TVショーのオーディションに参加。なんとレギュラーの座を射止め、番組の人気者となるが、美人でスリムなライバル母娘の罠にハマり…?! (goo映画)

なんて内容の映画。ちょっと前に柳原可奈子(意味無いリンク。youtubeです。音注意!CM探してたら途中で引っかかった。かなり面白い・・)が宣伝してたヤツね。

a0049433_20553383.jpg



ミュージカル仕立てとの内容にちょっと敬遠してたが、何か引っかかっていたので観てみた。

観て正解!面白かった。

人種差別という重いテーマを含めながら、テンポのいい音楽に乗せて、最後まで勢い良く持っていく、楽しく幸せになる映画。

なんといっても主人公のトレーシーが良い。あんな丸々とした娘があんなにダンスが上手いなんて!あまりに前向きで、物怖じしない行動力は、観ているこちら(ワタシ)が照れくさくなってしまうほどだが、いつのまにやら“がんばれトレーシー、そうだトレーシー”などと彼女の行動に期待しているこちら(ワタシ)。見事に術中にはまってしまう。かなり可愛い。

他のメンバーも、トレーシーに引っ張られながら少しずつ、そして大きく外へ羽ばたいていくママ(なんとジョン・トラボルタ!)、意外にも、ところどころで理想の男を見せてくれるパパ、時代を読む、ショーの司会者コニーなど、あちこちで個性ある素敵なメンバーが登場している。本とパパいいよ。

あとね、音楽がイイね。観ている途中で勝手に身体が揺れてくるのよ。ガラガラの映画館だったから良いけどさ、揺れているのに気づいて回り見渡したらみんな揺れてた(笑)。コレは脳に刺激を与えて自律神経のバランスをとる映画だね。

ということでおススメです。

a0049433_21235541.jpg


なんとジョン・トラボルタ
[PR]
by ebice | 2007-11-22 21:24 | cinema